本厚木★通勤★ライフ

食べて働く!

ばーちゃるハイキング「鏡平」(3)小池新道その2

(1)(2)に引き続き、ばーちゃるハイキングは続きます。
登りの中間地点イタドリが原から再びスタートです。

1)イタドリが原からシシウドが原へ

まだまだ登りは続きます。7、8月なら花もありますが9月以降は早い秋を感じる風景になる事でしょう。

標高がだんだん上がってくると風が涼しくなってきます。登ってきた時に汗をいっぱいかいた場合は、濡れた汗が冷えてきて寒くなってきます。これが結構辛い、というか、下手をすると夏でも低体温症になる原因です。高山帯に行く場合はこの汗冷えを防ぐ準備はしておいたほうがよいでしょう。
ファイントラック社の半袖ドライレイヤーを1枚素肌に着るとかいた汗を素早く吸収&発散して濡れる事がありません。したがって寒くない。
 ドライレイヤー + 長袖シャツ で行動する事が多いです。で、寒くなったら薄手のジャケットを着れば丁度良かったりします。もしくはメリノウール 素材のものを着ると汗冷えしにくいだけでなく、常に快適です。
また休憩時にはこまめに上着を着るという事も重要です。ザックの中からすぐ取り出せるようしておきます。

しばらく行くとシシウドが原!
標高2090m。出発地点の新穂高温泉の標高が1090mくらいなので、標高差1000mを登ってこれると、これはちょっとした自信になります。
ここにはベンチがあるので、ゆっくり休憩。行動食と水分補給をしっかり行います。

さて、あともうひと踏ん張りです。

2)「あと500m」標識
いよいよ鏡平へのゴールが近づいてまいります。

街の500mに比べると、山の500mって。。。
長いっ。
のんびり行こう。でも、もうすぐです!

続く